Travel notes – Ishigaki, Okinawa – (2/2) 旅日記

Day 3 & 4 – 石垣島での自然遊び –
Day 3 & 4 – Marine / River sports-

旅の折り返しにあたるこの日、石垣島のとあるリゾートホテルに拠点を移した。その目的は2つのマリンスポーツのツアーに参加するため。

1つめのは白保沖合までボートで出るシュノーケルツアー。かろうじて少し太陽が見えるほどだったが、暖かい気候のなかしっかり楽しめた。ただ、数日前の大雨の影響で水の透明度が低かったのが残念である。

2つ目はカヤックでの川散策だが、これが非常に面白かった。僕たちはカヤックに乗るのは初めてであったので、ツアーガイドの石垣さんにパドルのこぎ方を一から教えてもらう。こぎ始めて10分くらい、少ない力で推進力を得ることができるようになって、どんどん楽しくなってくる。また二人乗りのため、夫婦間のチームワークが大事になのも面白い。そしてツアーの本質ともいえる、石垣さんによるマングローブ帯についての説明は非常にためになるものであった。(ブログ下部に受けた説明の一部を書いておく)

ツアーバスから帰ってくると、ホテルのスタッフが笑顔で玄関までお出迎えに来てくださる心遣い。総じて、素晴らしいサービスを受けることができたので、予定以上にホテル内の出費が増えてしまったが、すてきなくつろぎ空間と時間を提供くださったので満足している。

Untitled

Untitled

Untitled

We changed a hotel to the east side of Ishigaki. The primary reason is to enjoy snorkeling and river kayaking.

I and my wife have snorkeled in Hawaii and Bali, so this is the 3rd time. Unfortunately the water transparency was not so good because of heavy rain a few days ago. But it was warm enough outside and there was various kinds of coral leafs alive, so it was fun.

River kayaking was more fun for us. We’ve never even rowed a boat, so we needed to learn from the beginning. The kayak we used this time accommodates two people, so Naoko sits in front and I in back. At an early stage, we could get some clue how to efficiently paddle the kayak, and it got more and more fun. Apart from that, the guide Mr. Miyara is a knowledgable person about the nature there. Ishigaki is in the tropics, and there was a tremendous area of mangrove across the river. Now we know what mangrove is: it is not the name of a certain plant, but of a name of region.

Getting decent tired from the sporting, but the hotel staffs at the entrance were waiting for us and gave us the room key. I was amazed by the high quality of this hotel, and how they understand hospitality minds. I spent money there more than I expected, but they deserved it.

Day 3 & 4 -番外編:マングローブ植物と地上植物-
Day 3 & 4 – Side story: Mangrove plants versus land plants-


主にマングローブ植物の一般的な生態について教えてもらったのだが、特に印象に残っているのは、マングローブ植物と地上植物の戦いである。マングローブ植物の生息域は河の水面の高さや、海水にひたる時間の長さによって決められる。それゆえ、マングローブ帯といえども、数十センチでも盛り上がっている砂の丘の上には地上植物が生息し、それより低い位置にマングローブが生息するという状況にある。しかし、その境界線ではお互いが光を目指し上へと葉や茎を必死に伸ばし、その結果が写真のような争いに現れる。写真の例では地上植物がマングローブ植物のまわりにまきつくことで上へと成長し、そしてマングローブ植物は光合成することができなくなるので、この位置でマングローブ植物群は敗退してしまう。

Around the border between two living areas of land plants and mangrove plants, there is a battle. Both plants try to gain the sunlight as higher position as possible, but this time, the land plant won. It twines around the body of the mangrove tree, and the mangrove got weaker by this gradual but strong attack.

Untitled

Day 5 & 6 – 石垣島ダイジェスト –
Day 5 & 6 – Ishigaki island bus tour –

「石垣島の魅力はその周りの島々にある」という話をよく聞く。竹富島の他にも、大自然がそのまま残る西表島、素朴な雰囲気の小浜島と黒島、などフェリーで一時間の距離に様々な特色を持つ離島が石垣島の周りにはある。それはそうだと思う。だけど、一つの旅で移動はあまり増やしたくないし、「いや、石垣島自体も面白いはずだ」とも信じてこの旅では一日の竹富島をのぞいて全て石垣島に滞在した。

そんな旅を締めくくる最終日は石垣島の唯一のバス会社・東バス主催による石垣島一周ツアーに参加した。路線バスが一日に二本しかなかったり、そもそも走っていない地域があったり、と公共交通機関での移動では無理が出てくる。ちなみに僕は車を運転しない(ペーパードライバー)。

さて、ツアーが始まってみるとお客さんは僕たちだけ。
「島垣さん夫婦のために本日は案内させていただきます」
と、元気なガイドさんは山田さんという。聞けば、東京出身らしいが、途中までは地元の人と勘違いしていたぐらい色々と詳しい。川平湾、ヤシの木公園、黒砂糖工場などの2時間半のツアーは非常に楽しくて、石垣島の魅力が伝わった。

旅を終えてみての石垣島旅行は、半分国内旅行、半分海外旅行という感じだった。国内というのはもちろん基本的な食生活や言語、人々の容姿が同じだからそう感じて、その一方、海外らしさでは気候の違い、自宅の横浜から時間的にも距離的にも離れていることなんかがあるだろう(韓国のほうが近い)。

そんなことを思いながら、またここにのんびり遊びに来たいな、と思った晴天の最終日であった。

Untitled

Untitled

Untitled

Untitled

Untitled

People often say so about Ishigaki area: "the real virtues of Ishigaki are not in Ishigaki, but in its surrounding smaller islands." To some extent it must be true, but I also wanted to know more about this island rather than more islands. In this trip, I made a plan to stay only one day outside Ishigaki and the rest days inside Ishigaki.

And such a last day of the trip was devoted to a whole island tour by a local tourist bus company there. I have been feeling difficulties in traveling in Ishigaki because there are few public bus lines which run twice a day only. It’s important to note; I don’t drive a car.

"When no more guest arrives within 2 minutes, today’s tour is going to be a private tour for you Ms. and Mr. Shimagaki:-)" And it really was. The tour guide, Ms. Yamada is originally from Tokyo but despite her origin, she knows about Ishigaki in very depth. The tour bus drove from the city center to the north east end, and made a whole half circle of the island. It was good enough for us to get to know this beautiful island.

Well, the trip is now over, and my impression on the trip was ‘half domestic travel, half international travel’. What I mean with domestic travel is, I can speak Japanese, the basic food culture is the same, and people look Japanese. In respect of international part, it is farther than South Korea from my home for instance, and the climate has a striking difference.

On the last day, most hot and sunny day than ever in Ishigaki, I missed the island and wanted to come back again.

Powered by Qumana

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s